電話加入権の費用を無くす選択肢|通信料のカット

男の人

MVNOの利点と特徴

メンズ

格安SIMカードや格安スマホなどのサービスを行なっている業者のことをMVNOと呼びます。MVNOは大手3大キャリアの回線を借りることで、これまでにない低価格でのスマートフォン料金を実現しました。

読んでみよう

電話機を借りる制度

スーツの人

コールセンターやテレアポ営業などの業務においてビジネスホンは必須の仕事道具ですが、初期費用が心配になってきます。その心配を解消させることができるのがリース契約の強みだといえるでしょう。

読んでみよう

高額な費用を削減

電話

通常であれば電話回線とパソコンのインターネット回線はターミナルアダプタとモデムで分ける必要がありますが、新しいモデルとなるひかり電話では、1つの回線終端装置で電話とインターネットを利用することができるのです。機器の配線が絡まっていた人にとっては配線をまとめることができるきっかけにもなり、整理整頓に繋がるでしょう。更に同じ業者で電話とインターネット回線を契約することで料金を安くおさえることも可能です。通常、このような回線契約を結ぶ場合は電話加入権というものを手に入れる必要があります。電話加入権とは回線業者に施設設置負担金を支払った物に対して与えられる権利で、これを持っていないと加入電話を引くことはできません。
回線業者は利用者から集めた施設設置負担金をもとに電話やインターネット利用するためのインフラを整備しているのです。電話加入権を新規で購入した場合は72000円の費用が発生します。ですが、ひかり電話であれば電話加入権は不要で初期工事の費用を安く抑えることができます。それだけではなく遠方地への電話やインターネット接続も高速で行なうことができ非常にお得だといえます。72000円という高額な電話加入権の費用を抑えつつ、高速な通信を行なうことができるので1度お見積もりやお問合せをしてみましょう。そうすればどのぐらいの費用で電話やインターネットを利用開始できるのか分かりやすく把握することできます。電話でのお問合せもあるので不明点を訊いてみるのもありです。

携帯料金を安く抑える手段

女性

格安SIMは通話料金が高いと思われがちですが、独自の通話アプリや電話かけ放題プランを利用することでそのような事態を回避することできます。それ以外にも経済的に優位となるメリットがたくさんあるのです。

読んでみよう